×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハト対策

ハトの被害が大変増えておりハト対策をする人が増えてきていますよね。 都市部でハトの数が増えて糞などで建物を汚したり、ゴミ集積場を荒らしたり、 鳴き声による騒音問題など、ハトに加えてカラスなどによって起こされている鳥害は社会問題にまで発展してきております。 平和のシンボルであるハトなのですが、ハトの糞害などで困っている人は非常に多いです、ハトは雑食性で食欲旺盛なので糞もたくさんします、 またハトは群を作って生活する習性があるので、大量の糞がハトの集まる場所に落とされてしまいます。 また、ハトは病気や寄生虫を人間に伝染させる可能性があるので注意が必要です。 特に注意する必要があるのがクリプトコッカス病で土から菌が移りハトの糞中で大量増殖します、 そしてハトの糞が乾燥して空気中に飛び、人間が呼吸することにより肺からすることになります。 クリプトコッカス病は体の弱い人に感染しやすく、人間を死に至らしめる可能性があります。 ハトはサルモネラ菌なども持っているためサルモネラ菌が食中毒の原因になるので注意しましょう。 また、ダニ、ノミ、シラミなどの昆虫もハトを伝わって人間に移る可能性があるのでなるべく接触を避けるようにするほうが良いかもしれません。 ハトは非常に繁殖能力が高く、都市部で餌を調達することが用意になり、天敵も少なくなったことにより、都市部でハトが爆発的に増えていると言われています、 生ゴミやドッグフードなど、またはむやみにハトに餌を与えることにより、ハトが餌を調達しやすくなったのは全て人間に原因がありますよね。 ハトは雨のかからない棚状のところに巣を作るので、マンションのベランダや駅のホーム、公園や神社などの建物の軒下にハトが集まってきます、 またハトは非常に闘争心が強く、なわばり意識が強いので他のハトや鳥が入ってくることで争いを非常にします。またハトは帰巣本能が高いので一度、 ベランダなどに巣を作ると巣を撤去してもまた同じ場所へ帰ってくる可能性が高いのでハト対策をすることになります。

ハト対策は自分でできることから業者に頼んでハト対策をしてもらうことまで多種多様あります、 まずはよく駅などで見る目玉のバルーンをつるしてみる対策があります。他にマンションのハト対策やベランダのハト対策などの場合、 手すりの周りにピアノ線やテグス、ハト対策ネットなどを使って物理的に鳩を寄せ付けない対策があります。鳩対策のグッズはたくさんあります、 ネット通販などでもよく見ますし、東急ハンズやロフトなどにもハト対策グッズがありますし、日曜大工センターなどにもDIY用品でよく見かけますね。 ネットなどでは美観を損ねるということで鳩の嫌いな匂いを撒くことでハトを寄せ付けないハト対策忌避剤を使うことも効果的かもしれません。 ハトのとまりそうな所や集まりそうなところにハト対策忌避剤を置くことでハト対策をします、価格も手ごろで設置するのも簡単ですし、 ネットなどと違い美観を損ねない点でハト忌避剤は非常に有効ですが、 効果としては物理的に防ぐよりも落ちるかもしれないので併用して使用すること効果的でないかと思われます。またハトには体内磁石があるといわれており、そ れによって伝書鳩などがきちんと巣に戻ってくる帰巣本能が有ると言われているので、体内磁石を狂わされることをハトが嫌うと言われているので、 強力な磁石を置いてハト対策をする方法もあります。ハト対策磁石などもネット通販でよくみられます。それでもまだハトの被害でひどく困る場合にはハト 対策業者に頼む方法があります。